インターネットを使った犯罪や詐欺行為は後を絶ちません。
特に、金銭的なトラブルに関しては年々手口が巧妙化しており、今も尚多くの人たちが被害に遭っています。

出会い系サイトを利用する上でももちろん注意が必要です。
特に、ポイント制や定額制といった有料のサイトを利用する際は、ネット上で支払いや決済を行う場合がありますので油断してはいけません。

ここでは、出会い系サイトを利用する上で注意しておきたいフィッシング詐欺について書いています。
 

今人気の無料出会い系サイト

フィッシング詐欺とは

ネットを使った詐欺のひとつにフィッシング詐欺があります。

フィッシング詐欺とは、インターネットを利用して個人情報を不正に入手する詐欺行為です。

フィッシング詐欺の手口

フィッシング詐欺の手口は、まず実際に存在する銀行やクレジット会社の名前を使った偽の電子メールが届きます。
そして、その偽メールに記載してあるリンクをクリックすると、偽装された本物そっくりのサイトが現れます。
そこには、住所・氏名・電話番号・アドレス等をはじめ金融機関のIDや暗証番号・クレジット番号などを入力するようになっており、実際に入力してしまうとそれらの個人情報を盗み取られてしまいます。

フィッシング詐欺の被害

フィッシング詐欺によって個人情報を盗み取られた場合、入力した金融機関の情報をもとに銀行からお金が不正に引き出されたり、クレジットカードを不正に使用されることがあります。

また、住所・氏名・電話番号・アドレス等の個人情報については転売されることがあり、スパムメールが送られてくる原因となります。

フィッシング詐欺に遭ったら・・・

フィッシング詐欺に遭ってしまったら速やかな対応が求められます。

もし、金融機関のIDや暗証番号・クレジット番号などを盗み取られた場合は、銀行やクレジット会社の対応窓口に連絡し、パスワード変更やサービス停止を依頼します。

また、個人情報が拡散し身に覚えのない差出人からスパムメールが届く場合は、できるだけ開かずに無視することが求められます。

フィッシング詐欺に遭わないために

フィッシング詐欺の被害を未然に防ぐためには、フィッシング詐欺に対応したセキュリティソフトを導入するほかフィッシング詐欺の防止機能を備えたブラウザーを使用する方法があります。

また、メールの送受信フォームにメールの内容が転送時に暗号化されるSSLが利用されているか確認するなどの対処法もあります。


出会い系サイトに限らずインターネットを頻繁に使う人は、常に詐欺の被害者になる可能性があります。

その詐欺のひとつにフィッシング詐欺があることを覚えておきましょう。